MENU TEL

Blog記事一覧 > 被害者請求の記事一覧

緊急事態宣言解除を受けての当院の対応

2020.06.02 | Category: 交通事故,人身事故,任意保険,保険会社対応,未分類,狛江,自賠責保険,被害者請求

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

【緊急事態宣言解除を受けての当院の対応】

 

令和2年5月25日(月)、東京都の緊急事態宣言解除を受けましたが、当院は引き続き新型コロナ対策をしてまいります。緊急事態宣言解除により感染拡大が繰り返されないよう一層の消毒、予防を徹底してまいります。

 

■引き続き必要最低限のスタッフ、予約管理によって同一空間の密集を避けます。

■院内、設備の消毒、手指消毒、定期的な換気、マスク着用およびスタッフの検温を継続していきます。

 

※当面の間21時から22時までは事前予約のみとさせていただきます。

※ご質問やお問い合わせは当院まで直接お電話ください。

 

フルケア鍼灸整骨院

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9

 

基本過失割合の例4~四輪車と歩行者の場合2~

2020.03.05 | Category: 交通事故,人身事故,人身傷害,任意保険,保険会社対応,未分類,狛江,自賠責保険,被害者請求,車対歩行者,過失相殺

基本過失割合の例4~四輪車と歩行者の場合2~

 

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

過失割合は最終的には保険会社が決めるため各事故の状況により異なって来ますが、

過去の判例などを踏まえて基準化が図られています。これを基本過失割合と言います。

今回は基本過失割合のうち、四輪車と歩行者の場合の例をさらにいくつかご紹介します。

 

四輪車と歩行者の、駐車場内での事故の場合

駐車スペース

駐車場内の駐車スペースでは、車からの乗り降りのため常に人の出入りが考えられるため、

四輪車側は特に歩行者の動きを含め周りの状況を良く確認しなければなりません。

場合によってはすぐに止められるようにしておく必要があります。

歩行者側も、車が来ることを予測して注意する義務があります。

この場合、 四輪車90:歩行者10 となります。

 

駐車場内通路

駐車場内の通路は、四輪車が通るためのものではありますが、歩行者も当然通行します。

そのため、四輪車は歩行者の動向を常に注意しておかなかればなりません。

歩行者側も、自動車が通ることを想定していなければなりません。

この場合も、 四輪車90:歩行者10 となります。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9

基本過失割合の例 ~四輪車と歩行者の場合~

2020.02.18 | Category: 交通事故,交通事故法律事務対応,任意保険,保険会社対応,損害賠償金,未分類,狛江,被害者請求,車対歩行者

基本過失割合の例 ~四輪車と歩行者の場合~

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

過失割合は最終的には保険会社が決めるため各事故の状況により異なって来ますが、

過去の判例などを踏まえて基準化が図られています。これを基本過失割合と言います。

ここでは基本過失割合の例をいくつかご紹介します。

 

四輪車と歩行者で、信号機がない横断歩道上での事故

横断歩道上に歩行者がいる場合は、自動車側は一時停止し道を譲らなければ行けません。

このような場合の過失割合は 四輪車100:歩行者0 となります。

 

四輪車と歩行者で、歩行者の信号無視があった場合

歩行者にも信号を守る義務があるため、歩行者が赤信号を無視して横断した場合は

歩行者側にも過失が大きい事故となります。四輪車にも前方の安全を確認する義務があるため、

このような場合は 四輪車30:歩行者70 となります。

 

四輪車と歩行者で、歩行者が信号が無く横断歩道以外の場所を渡っていた場合

横断歩道が近くにあった場合、歩行者は横断歩道を渡らなければなりません。

そのため横断歩道以外の場所で道路を横断した場合には歩行者にも過失が生じます。

四輪車側にも周辺の歩行者の動きに注意して運転する必要があります。

このような場合は 四輪車30:歩行者70となります。

 

実際の過失割合は、基本過失割合を基準に修正要素と呼ばれるものにより増減し、

最終的な割合が決定されます。

次回も基本過失割合の例について紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9

自賠責保険とは?ご存知ですか? その2

2019.05.16 | Category: 交通事故,人身傷害,任意保険,保険会社対応,加害者,慰謝料,損害賠償金,未分類,狛江,自賠責保険,被害者,被害者請求

自賠責保険ってどんなもの?その2

 

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から1番近い整骨院・夜24時まで診療> ※22時以降は完全予約制

 

 

自賠責保険では、障害、後遺障害、死亡事故ごとに保険金の支払限度額が違い、入院、休業補償などの種類により1日当たりの支給限度額が決まっています。

 

「障害による損害」の支払限度額は120万円で、治療に関する費用の他、看護料、通院交通費、休業補償などが含まれます。

「後遺障害による損害」は認められた等級により金額が異なり、最も重い1級(介護を要する場合)で4000万円、最も軽い14級では75万円を限度に支払われます。

「死亡による損害」は3000万円が限度となります。葬儀費用や遺族に対する慰謝料も含まれます。

 

また、通常自賠責保険は全ての治療が終わった後に損害額が決定し、その後の請求で保険金が支払われます。これを本請求といい加害者(ケガをさせた側)だけでなく、被害者(ケガをした側)からでも請求することができます。そのため、もしも加害者が死亡、逃げてしまった場合でも被害者側が直接請求することが可能です。

 

この他に、被害者側が一度だけ使える、保険金が降りる前にまとまった金額を受け取ることが出来る仮渡金請求という制度や、治療費や入院雑費の支払が10万円を越えた場合に一時金を請求できる内払い金請求という制度もあります。

 

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

https://relife-innovation.jimdo.com/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~24時(22時以降は事前予約のみ)

土曜日 12時~16時/18時~22時

祝日  12時~18時

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199
時間外でのご連絡はこちらまで  090-4727-9563

健康保険を使って治療してくださいと言われた場合について

2018.02.14 | Category: 交通事故対応事例,交通事故患者様の声,交通事故法律事務対応,交通事故症状,保険会社対応,和泉多摩川,喜多見,物損事故,狛江,登戸,自賠責保険,被害者請求,調布,車同士

健康保険を使って治療してくださいと言われた事例

今回は、保険会社より健康保険を使って治療してくださいと言われたケースの話です。

その患者様は、駐車場内(駐車中)で接触事故に遭ってしまいました。車対車、スピードが出てなかったとはいえ衝撃と痛みを感じたため、すぐに警察を呼んだそうです。被害者となってしまった患者様は事実を警察に話したのですが、加害者の意見が全く違うとのことで物損事故扱い、そして過失割合が決まらなかったのです。その場では、話がかみ合わなかったため、相手側の保険会社の連絡先を控え、後日、自身で加入していた任意保険の担当者にも相談をしました。

ところが、保険会社より相手側との内容に相違があるため、今回は自賠責保険ではなく健康保険で治療してください・・・と言われたのです。多少の治療費の補償はあったものの被害者なのに、自分で治療費を立て替えなければいけないの?と思いながら来院されたのです。

 

このようなケースの場合、警察へ診断書を提出し、人身事故扱いへの切り替えを届け出ることもできますが、人身事故と物損事故の違いは事故の程度の問題となりますので、共に自賠責保険での治療が可能となります。大きな違いは、物損事故であれば免許証の減点がないということです。例えば、タクシーの運転手さんなど車の運転を仕事とされてる方は、免許証の点数は大きな問題となりますよね?そのため相手側と患者様で意見の相違が生まれやすくなってしまうのです。その際、保険会社同士でも意見が違うため、相手側の自賠責保険会社は事実確認を、自身で加入している保険会社は早期に治療開始するなら健康保険で立て替えてください、となってしまうのです。患者様からすれば痛みがあるので当然治療しますよね?そして物損事故の場合、事故の程度が軽いとみなされ治療期間が短くなってしまう可能性があります。

 

こうしたケースの場合は、手続きが必要になりますが、保険会社を通さず自賠責保険の方へ直接請求(被害者請求)することができます。そうすれば、面倒な保険会社とのやり取りが軽減し、治療期間の確保もできます。もし、このようなことでお困りの方がいれば、お気軽にご相談ください。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~22時 (交通事故治療は24時まで)

土曜日 12時~18時

休診日 日曜日

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199
時間外でのご連絡はこちらまで  080-9366-4766



アクセス

所在地 〒201-0014 東京都狛江市東和泉1-19-7 細井ビル2F【1Fは牛角 狛江店】
電話番号 03-5761-5199