MENU TEL

Blog記事一覧 > 過失相殺の記事一覧

基本過失割合の例8~四輪車同士の場合3~

2020.04.06 | Category: 交通事故,任意保険,未分類,狛江,自賠責保険,車同士,過失相殺

基本過失割合の例8~四輪車同士の場合3~

 

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

過失割合は最終的には保険会社が決めるため各事故の状況により異なって来ますが、

過去の判例などを踏まえて基準化が図られています。これを基本過失割合と言います。

今回は再度、基本過失割合のうち四輪車同士の場合の例をご紹介します。

 

 

駐車場・駐車スペースでの事故

駐車中の車に接触・衝突した場合

駐車場内で駐車中の車に接触・衝突した場合、止まっている車に過失はありません。

動いている方の自動車100:駐車中の自動車0 になります。

 

駐車スペースから出る際の事故

駐車スペースから出る四輪車が、駐車場内の通路を走行する四輪車と事故を起こした場合、

駐車スペースから出入りする状況は自宅などの敷地から道路に出る場合と同じように考えられます。

道路に出ようとする車は他の車などの正常な交通を妨害してはならず、無理な右左折や横断などを

してはいけないと定められています。

そのため、出庫しようとする自動車側に大きな過失があると考えられます。一方、通路を走る車にも

動き出す車に注意を払う必要があるため、この場合の過失割合は

駐車スペースから出る四輪車 70: 通路を走行する四輪車 30

となります。

 

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9

 

基本過失割合の例7~四輪車同士の場合2~

2020.03.31 | Category: 交通事故,任意保険,和泉多摩川,喜多見,未分類,物損事故,狛江,車同士,過失相殺

基本過失割合の例7~四輪車同士の場合2~

 

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

過失割合は最終的には保険会社が決めるため各事故の状況により異なって来ますが、

過去の判例などを踏まえて基準化が図られています。これを基本過失割合と言います。

今回は再度、基本過失割合のうち四輪車同士の場合の例をご紹介します。

 

交差点で直進車と右折車の場合

右折車には直進車や左折車がいた場合、通り過ぎるのを待たなければならない決まりが

あります(道路交通法37条)。

そのため、青信号の交差点で直進する自動車と対面で右折する自動車が衝突した場合、

右折車側の過失が大きくなります。

一方直進車にも、交差点内は出来る限り安全な速度と方法で進行する義務があります。

対面の場合右折車が見えているので、右折車が曲がる可能性を予測する必要があり、

この場合は 直進車20:右折車80

になります。

 

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9

 

基本過失割合の修正要素の例3~バイク・自転車の大きな過失~

2020.03.25 | Category: 交通事故,交通事故治療方法,交通事故症状,任意保険,保険会社対応,未分類,狛江,自賠責保険,自転車対歩行者,被害者,車対自転車,過失相殺

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

基本過失割合はさまざまな理由によって割合が変更されます。

これを修正要素といい、これを加味した上で最終的な過失割合が決定します。

今回も修正要素にどういったものがあるのか一部紹介いたします。

 

バイク・自転車の大きな過失

歩行者とバイク・自転車の事故の場合も「著しい過失」「重過失」があると大幅に過失割合が加算されます。

バイクの場合、一般道でヘルメットを被らずに走行して事故を起こした場合、「著しい過失」とみなされます。

高速道路でのヘルメットの不装着は「重過失」となります。

 

自転車の場合、二人乗り、無灯火、傘をさしながらの片手運転、スマホで通話しながらの運転、酒気帯び運転

などが「著しい過失」に該当します。酒酔い運転や、ブレーキの不良、両手を放しての運転などは「重過失」となります。

 

「著しい過失」があった場合は10%、「重過失」があった場合は20%過失割合が加算されるとされています。

 

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9

基本過失割合の修正要素の例2~四輪車側の大きな過失~

2020.03.21 | Category: 交通事故,任意保険,未分類,狛江,自賠責保険,自転車対歩行者,自転車対自転車,車対歩行者,車対自転車,過失相殺

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

基本過失割合はさまざまな理由によって割合が変更されます。

これを修正要素といい、これを加味した上で最終的な過失割合が決定します。

今回も修正要素にどういったものがあるのか一部紹介いたします。

 

四輪車側の大きな過失

歩行者と四輪車の事故の際、自動車側に「著しい過失」や「重過失」があった場合、大幅に過失割合が加算されます。

 

「著しい過失」は、運転の際通常考えられる限度を越えている過失を言います。

具体的には、わき見運転での前方不注意、携帯電話等での通話しながらの運転、酒気帯び運転、15km以上の速度超過、著しいハンドルやブレーキの操作ミスなどがあります。

 

「重過失」はそれより重篤で、故意に近いとされています。

具体的には酒酔い運転、居眠り運転、無免許運転、病気や薬物で正常な運転ができない状態、30km以上の速度超過、あおり運転などがあります。

 

「著しい過失」があった場合は10%、「重過失」があった場合は20%過失割合が加算されるとされています。

 

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9

基本過失割合の修正要素の例1

2020.03.15 | Category: 交通事故,人身事故,任意保険,未分類,狛江,自賠責保険,車対歩行者,過失相殺

基本過失割合の修正要素の例1

 

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

基本過失割合はさまざまな理由によって割合が変更されます。

これを修正要素といい、これを加味した上で最終的な過失割合が決定します。

今回は修正要素にどういったものがあるのか一部紹介いたします。

 

歩行者の場合

加算される要素として、夜間であること(夜間はライトで車の発見が容易な為)、

幹線道路(車幅14m以上の国道や県道など)での事故、

横断禁止場所を渡った場合、後退したり、ふらついたりして歩いていた場合、

等があります。

減算要素としては、幼児・児童・老人であること、集団行動(横断)をしていること、

自動車側に「著しい過失」や「重過失」(次回この2点についても紹介します)があった場合などです。

 

このような要素があった場合、過失割合は5~20%加算・減算される可能性があります。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9

基本過失割合の例6~四輪車同士の場合~

2020.03.10 | Category: 交通事故,交通事故対応事例,交通事故患者様の声,交通事故法律事務対応,人身事故,人身傷害,任意保険,未分類,狛江,自賠責保険,車同士,過失相殺

基本過失割合の例6~四輪車同士の場合~

 

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

過失割合は最終的には保険会社が決めるため各事故の状況により異なって来ますが、

過去の判例などを踏まえて基準化が図られています。これを基本過失割合と言います。

今回は基本過失割合のうち、四輪車同士の場合の例をいくつかご紹介します。

 

同じくらいの幅の交差点で四輪車同士(信号の無い交差点)の場合

信号機の無い交差点で、道程度の道幅から四輪車同士が事故を起こした場合、

道交法においては、左側を走行している車両の方が優先とされています。

また、右を走行している車両の方が対象を発見しやすい(左側の視界が広い)

ため、右側の車両の方が危険を回避できる可能性が高いことから過失が上がり、

過失割合は 左側40: 右側60 となります。

 

同じくらいの幅の交差点で四輪車同士(信号のある交差点)の場合

信号のある交差点で、青信号と赤信号の双方が直進で進入して事故を

起こした場合、青信号側には過失はありません。信号を無視している

赤信号側の車両に過失があります。

この場合 青信号側0:赤信号側100 となります。

 

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9

基本過失割合の例5~特殊な場合~

2020.03.07 | Category: 交通事故,交通事故法律事務対応,人身事故,保険会社対応,狛江,自賠責保険,車同士,車対歩行者,過失相殺

基本過失割合の例5~特殊な場合~

 

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

過失割合は最終的には保険会社が決めるため各事故の状況により異なって来ますが、

過去の判例などを踏まえて基準化が図られています。これを基本過失割合と言います。

今回は基本過失割合のうち、四輪車の特殊な場合の例をご紹介します。

 

緊急車両が当事者の場合

滅多にないことですが、緊急車両が事故の当事者になる場合があります。

緊急車両とは法律によって定義されていますが、大まかにサイレンを鳴らして運転中の

消防車や救急車・パトカーなどのことです。

緊急車両には追越禁止場所でも条件によりはみ出しが可能だったり、赤信号での停止義務が

免除されていたり、逆に一般車両に緊急車両の通行を優先し、交差点を避けて一時停止しなければなりません。

 

このため、見通しのきかない交差点で緊急車両が赤信号、一般車両が青信号での事故の場合

通常であれば赤信号側が100になるところですが、緊急車両には赤信号での停止義務が無く、

一般車両には避けて一時停止の義務があるため、

一般車両80:緊急車両20

となります。

 

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9

基本過失割合の例4~四輪車と歩行者の場合2~

2020.03.05 | Category: 交通事故,人身事故,人身傷害,任意保険,保険会社対応,未分類,狛江,自賠責保険,被害者請求,車対歩行者,過失相殺

基本過失割合の例4~四輪車と歩行者の場合2~

 

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

過失割合は最終的には保険会社が決めるため各事故の状況により異なって来ますが、

過去の判例などを踏まえて基準化が図られています。これを基本過失割合と言います。

今回は基本過失割合のうち、四輪車と歩行者の場合の例をさらにいくつかご紹介します。

 

四輪車と歩行者の、駐車場内での事故の場合

駐車スペース

駐車場内の駐車スペースでは、車からの乗り降りのため常に人の出入りが考えられるため、

四輪車側は特に歩行者の動きを含め周りの状況を良く確認しなければなりません。

場合によってはすぐに止められるようにしておく必要があります。

歩行者側も、車が来ることを予測して注意する義務があります。

この場合、 四輪車90:歩行者10 となります。

 

駐車場内通路

駐車場内の通路は、四輪車が通るためのものではありますが、歩行者も当然通行します。

そのため、四輪車は歩行者の動向を常に注意しておかなかればなりません。

歩行者側も、自動車が通ることを想定していなければなりません。

この場合も、 四輪車90:歩行者10 となります。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9

基本過失割合の例2 ~自転車と四輪車の場合~

2020.02.22 | Category: 交通事故,任意保険,物損事故,狛江,自賠責保険,車対歩行者,車対自転車,過失相殺

基本過失割合の例2~自転車と四輪車の場合~

 

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

過失割合は最終的には保険会社が決めるため各事故の状況により異なって来ますが、

過去の判例などを踏まえて基準化が図られています。これを基本過失割合と言います。

今回は基本過失割合のうち、自転車と四輪車の場合の例ををいくつかご紹介します。

 

道路の右端を走る自転車と、対向する四輪車の場合

対向の位置関係であれば、双方の姿は容易に確認することが出来ます。

そのためより速度の出る自動車の方が大きな注意責任を問われます。

この場合は 四輪車80:自転車20 となります。

 

交差点で赤信号を無視して進入した自転車と青信号で直進した四輪車の場合

車両は信号に従わなければなりません。自転車は「軽車両」に含まれるため、

赤信号を無視して交差点に進入した場合は大きな過失を問われます。

しかし、四輪車の側もこのような飛び出しを予測し安全な速度で交差点に進入しなければなりません。

この場合は 四輪車20:自転車80 となります。

 

交差点内で、優先道路を走行している自転車と四輪車の場合

交差点内での優先道路上を走行している車両は、見通しのきかない交差点であっても

徐行義務はありません。そのため四輪車側に大きな過失が問われますが、

自転車側も交差点進入時に最低限の注意が必要です。

この場合は 四輪車90:二輪車10 となります。

 

次回も基本過失割合の例について紹介したいと思います。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9

過失割合<車編>

2018.05.17 | Category: 交通事故,車同士,車対歩行者,過失相殺

過失割合<車編>

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から1番近い整骨院・夜24時まで診療>

 

前回は被害者が歩行者の場合の過失割合、過失相殺についてお伝えしました。今回は車での交通事故についての過失割合、過失相殺をお伝えしていきます。内容が重複するところもありますので<歩行者編>も参考にしてください!

 

車での交通事故の場合、相手側が歩行者または車やバイク、自転車である可能性があります。その状況に応じて過失も大きく変わってきます。相手側が歩行者の場合、信号機のない横断歩道での交通事故では車側の過失が10割になる可能性が高いです。信号機がある場合は、歩行者が赤信号または黄色信号で横断していた場合に限り、歩行者の過失が出てきます。基本的に横断歩道上は歩行者が守られているということになります。

 

車同士の事故においては完全に停止した状態での追突、対向車のセンターラインオーバー、追越禁止などがない限り、双方に過失があると判断されることが多いようです。右左折の状況、優先道路または一時停止したか、スピードなどにより過失割合の加算、減算があるようです。

 

交通事故においての過失割合や過失相殺のおおよその資料は当院にありますので、お悩みの方はご相談ください。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

https://relife-innovation.jimdo.com/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~24時

土曜日 12時~16時/18時~22時

祝日  12時~18時

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199
時間外でのご連絡はこちらまで  080-9366-4766



アクセス

所在地 〒201-0014 東京都狛江市東和泉1-19-7 細井ビル2F【1Fは牛角 狛江店】
電話番号 03-5761-5199