MENU TEL

Blog記事一覧 > 加害者の記事一覧

事故証明書とは?役割と申請方法について

2020.09.11 | Category: 事故証明書,交通事故対応事例,加害者,自賠責保険,被害者

事故証明書とは?

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩2分・夜22時まで診療>

 

みなさん事故証明書とは何かご存知ですか?

交通事故に遭ってしまった際、交通事故の程度や状況、被害者や加害者のけがの具合など警察による実況見分があります。その後、警察に届出を行うことで事故証明書が発行されます。

つまり、事故証明書とは「交通事故が起こったことを公的に証明する書類」となります。

そして自賠責保険による施術保険金請求をする際に必要になってきますので交通事故に遭ってしまった際は必ず取得しておきましょう。

 

交通事故に遭ってしまった際は必ず警察を呼ぶ、届出る!これを忘れないように!

 

申請は加害者だけでなく被害者の方もできます。過失割合にもよって補償限度は変わりますが、加害者の方がけがをしてしまった場合も自賠責保険は適応になります。申請は警察に届出た後、手数料を振込み郵送にて届きます。またはセンター事務所の窓口にて発行または郵送にて届きます。

詳しい詳細、お悩みの方は狛江市にあるフルケア鍼灸整骨院までお問い合わせください。

 

 

【フルケア鍼灸整骨院】

狛江駅から徒歩2分分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

電話:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9

現在の交通事故の状況

2020.01.14 | Category: 交通事故,加害者,喜多見,未分類,狛江,登戸,被害者

現在の交通事故の状況

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

2019年の交通事故死者数が過去最少の3215人だったことが警察庁から発表されました。

交通事故による死者数は1970年(1万6765人)がピークで、その後減少しますが80年代に再び上昇し、88年には再び1万人を越えました。その後は現在に至るまで減少傾向にあります。

減少の理由としては、法律の改定や交通安全教育の浸透、自動車の安全設備の改善が挙げられます。

具体的には歩道やガードレールの設置、シートベルトや原付のヘルメット着用義務化、

チャイルドシートの義務化、自動車のボディ剛性の向上やエアバッグ・ABSの普及など様々な要因があります。

近年の法改正では2007年に飲酒運転に対する罰則の強化、自動車運転過失致死傷罪の新設(危険運転致死傷罪は2001年)、翌年の後部座席のシートベルト着用の義務化などがあります。

全体として交通事故は減少傾向にありますが、高齢運転者の死亡事故は増加傾向にあります。

大きな原因としては加齢による運動機能の衰えや、反射神経や動体視力の低下から来る運転時の判断・操作ミスなどが考えられています。また中には認知機能の衰えが著しく、免許証更新の際の認知機能検査で認知症の恐れがあると判定される例も報告されています。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

事故の際にしてはならないこと

2019.12.17 | Category: シビレ,交通事故,保険会社対応,加害者,和泉多摩川,喜多見,損害賠償金,未分類,狛江

事故の際にしてはならないこと

 

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から1番近い整骨院・夜22時まで診療>

 

交通事故の現場では、具体的な損害賠償などに関する話をしてはいけません。

例えば加害者側から「賠償金〇〇万円払うから・・・」と言われてもその場で示談に応じてはいけません。

特に人身事故や車同士の物損事故などは、過失割合によって後々賠償額が大きくなってしまうことがあります。

 

また、一度示談に応じてしまったあと事故が原因と思われる痛みやシビレなど何らかの障害が出た場合、示談の内容を変更することは大変に困難です。

被害者、加害者ともに、保険会社を通さず具体的な賠償額も分からない状態で示談をまとめることは非常にリスクが高く、絶対にやってはならないことです。

 

同様に、加害者側に対して「事故の責任は自分の側にあり、全額補償します」といった内容の念書を書くように求められたら絶対に断りましょう。念書を証拠として後日法外な金額を請求して来るような悪質なケースも考えられます。

事故に対して実際に支払うのは保険会社なので、加害者本人が全面的に過失を認め念書を書いていたとしても、相手側に10%の過失割合があると認められれば保険会社からは90%分の金額しか支払われません。

そうなると、残りの負担分を加害者側が支払わなければならない場合も出てきます。

 

また、事故の際とりあえず謝っておけばいい・・・というものではありません。加害者側の場合、下手に出て謝れば相手が見逃してくれるというものではありませんし、被害者側の場合も何か自分にも非があるような気がして謝ってしまうと、そこに付け込んで言葉尻をとらえて示談交渉を有利に運ぼうとする加害者もいます。

ただし、明らかにこちらの不注意が認められるような場合には「ケガはありませんか」「大丈夫ですか」といった気遣う気持ちを示しておくべきでしょう。

 

もし事故現場でその場での示談や念書の作成を求められた場合は決してその場では応じず、自分の加入する保険会社の担当者と話し合うよう相手に求めましょう。

 

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

https://relife-innovation.jimdo.com/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

 

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199

自賠責保険とは?ご存知ですか? その2

2019.05.16 | Category: 交通事故,人身傷害,任意保険,保険会社対応,加害者,慰謝料,損害賠償金,未分類,狛江,自賠責保険,被害者,被害者請求

自賠責保険ってどんなもの?その2

 

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から1番近い整骨院・夜24時まで診療> ※22時以降は完全予約制

 

 

自賠責保険では、障害、後遺障害、死亡事故ごとに保険金の支払限度額が違い、入院、休業補償などの種類により1日当たりの支給限度額が決まっています。

 

「障害による損害」の支払限度額は120万円で、治療に関する費用の他、看護料、通院交通費、休業補償などが含まれます。

「後遺障害による損害」は認められた等級により金額が異なり、最も重い1級(介護を要する場合)で4000万円、最も軽い14級では75万円を限度に支払われます。

「死亡による損害」は3000万円が限度となります。葬儀費用や遺族に対する慰謝料も含まれます。

 

また、通常自賠責保険は全ての治療が終わった後に損害額が決定し、その後の請求で保険金が支払われます。これを本請求といい加害者(ケガをさせた側)だけでなく、被害者(ケガをした側)からでも請求することができます。そのため、もしも加害者が死亡、逃げてしまった場合でも被害者側が直接請求することが可能です。

 

この他に、被害者側が一度だけ使える、保険金が降りる前にまとまった金額を受け取ることが出来る仮渡金請求という制度や、治療費や入院雑費の支払が10万円を越えた場合に一時金を請求できる内払い金請求という制度もあります。

 

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

https://relife-innovation.jimdo.com/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~24時(22時以降は事前予約のみ)

土曜日 12時~16時/18時~22時

祝日  12時~18時

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199
時間外でのご連絡はこちらまで  090-4727-9563

過失相殺とは?ご存知ですか?

2018.04.26 | Category: 交通事故対応事例,交通事故法律事務対応,任意保険,加害者,和泉多摩川,喜多見,損害賠償金,狛江,登戸,自賠責保険,調布,車同士,過失相殺

過失相殺とは?

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から1番近い整骨院・夜24時まで診療>

 

過失相殺とは、加害者だけでなく被害者側の過失を考慮して、賠償額を減額することです。

交通事故の発生原因や事故状況の話を聞くと、加害者のみが悪い(過失10割)というケースは多くありません。停車中に追突された・・・余裕をもって横断歩道を渡っていたら信号無視の車と接触した・・・などでない限り被害者側にも多少の過失があることがあります。

過失割合は、過失の割合に応じて公平に責任を負担するという考え方になりますので、加害者の過失が10割でない限り被害者側の賠償額が減ることになります。

 

一例を紹介しておきます。

車同士の衝突事故の場合で「A車の過失8割で損害が100万円」「B車の過失2割で損害が200万円」だったとします。過失割合からみて加害者がA、被害者がBとなりますね。その際「A=200×80%で160万円」「B=100×20%で20万円」を負担する計算になります。つまり過失相殺となり、AがBに対して「160万円-20万円=140万円」支払うことになります。

 

ただし過失相殺が適用になるのは主に任意保険の場合です。自賠責保険は強制保険であり、被害者を最低限補償するものになるため、被害者に重大な過失がなければ過失相殺はされません。もし過失があったとしても後遺症をともなわない傷害においては20%と決められています。

 

過失割合について、双方の意見の食い違いや保険会社同士でも妥協点が取られたりしますので納得がいかない被害者の方も多くいます。事故現場の写真を撮る、ドライブレコーダーで記録を撮るなどし過失割合が変わったケースもあります。交通事故の案件に強い弁護士や司法書士に相談するのも方法です。お困りの方は当院にご連絡ください。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

https://relife-innovation.jimdo.com/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~24時

土曜日 12時~16時/18時~22時

祝日  12時~18時

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199
時間外でのご連絡はこちらまで  080-9366-4766

必見!応急救護処置の仕方

2018.04.12 | Category: 交通事故対応事例,交通事故治療方法,交通事故症状,人身傷害,任意保険,加害者,和泉多摩川,喜多見,物損事故,狛江,登戸,自爆事故,自賠責保険,自転車対歩行者,自転車対自転車,調布,車同士,車対歩行者,車対自転車

応急救護処置の仕方は知っていますか?

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から1番近い整骨院・夜24時まで診療>

 

交通事故に遭ってしまった、事故現場を目撃した、通勤途中で倒れている人がいた・・・など目の前で応急救護処置しなければならないことがあるかもしれません。

車など免許を取得する際や、学校や消防署で講習を受けたことがある方も多いと思います。1度や2度ではなかなか身につかなかったり、忘れてしまうことがあります。いざという時のために今回のブログが役に立ってくれたら幸いです!

 

交通事故の中でも特に車と人の接触、バイクでの事故はケガの重症度が高くなり、外傷を負ってしまいます。人命救助は時間との戦いでもありますので、1人では難しい場合、周囲の方に協力を仰ぐと良いでしょう!それでは、まとめていきます。

 

①負傷者の意識確認、安全な場所への移動

負傷者の喉が塞がってしまわないよう、回復体位にする。(横向きに寝た姿勢)

 

②体位管理

気道確保する。(一般的には頭部後屈あご先挙上)

 

③呼吸状態の観察

心臓マッサージを行う。肋骨が4~5センチ沈むくらいの強さで、1分間に100回の速さで行う。

 

④出血の確認

圧迫だけで止血が困難な場合、傷口より心臓に近い部分をタオルや衣服等で締め付ける。

 

①~④の過程と同時に周囲の方に救急車を呼んでもらうよう声掛けをしましょう。また二次被害が起きないよう車やバイクを移動したり、後続車に巻き込まれないよう誘導灯を置いたりすることも重要です。AEDなど配置されている場所もありますので、万が一の場合に備え声掛けしておくのも良いと思います。文章では伝わりにくいこともありますが、皆様のお役に立てたら嬉しく思います。

 

当院では回復期のリハビリ、骨折のリハビリ、シビレの症状などもしっかり診させていただきますので、お困りの方がいましたらご相談ください。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

https://relife-innovation.jimdo.com/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~22時 (交通事故治療は24時まで)

土曜日 12時~18時

休診日 日曜日

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199
時間外でのご連絡はこちらまで  080-9366-4766

自分に過失があるけどケガをしてしまった・・・どうすれば良い?

2018.03.23 | Category: 交通事故対応事例,交通事故患者様の声,交通事故症状,任意保険,加害者,和泉多摩川,喜多見,慰謝料,損害賠償金,狛江,登戸,自賠責保険,被害者,調布,車同士

自分に過失があるけどケガをしてしまった・・・どうする?

こんにちは!狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から1番近い整骨院・夜24時まで診療>

 

例えば、車同士でぶつかってしまった・・・自分に過失があるけど相手は無傷、でも自分がケガをしてしまった・・・。こんな時あなただったらどうしますか?自分が悪いし治療費は自己負担しようと思いますか?それとも保険を使おうと思いますか?

 

自賠責保険は「自分の過失が100%」でない限り保険金が支払われます

対人賠償保険ですので一般的に加害者・被害者という概念はありません。自賠責保険は運転者に義務づけられた強制加入の保険であり、ケガをした人に対し最低限の補償をしてくれます。補償額の上限が120万円となりますので、上限を超える場合は任意保険でまかなう形となります。

 

ただし過失割合によって減額がありますので注意しましょう。

「70%以上の過失がある場合、20%の減額」となります。

100%の過失でない限りは、全額でないにしろ治療費が支払われるため、自分に過失があったとしても負担なく治療が受けられますよ。

 

交通事故でお悩みの方、当院までお気軽にご相談ください。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

https://relife-innovation.jimdo.com/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~22時 (交通事故治療は24時まで)

土曜日 12時~18時

休診日 日曜日

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199
時間外でのご連絡はこちらまで  080-9366-4766

 

 

 

バイクが加入できる保険、知っていますか?

2018.03.22 | Category: 交通事故対応事例,交通事故患者様の声,人身傷害,任意保険,加害者,和泉多摩川,喜多見,損害賠償金,物損事故,狛江,登戸,自賠責保険,被害者,調布

バイクが加入できる保険

こんにちは!

<狛江駅から1番近い整骨院><夜24時まで診療>

狛江市交通事故治療センター、所属院 フルケア鍼灸整骨院です。

 

今回はバイク事故での保険に関する話をしていきます。

バイクでの交通事故は、被害者以上にドライバーのケガが大きくなることがあります。自賠責保険では相手への賠償、つまり、対人賠償保険となります。必ず加入しなければいけない保険が自賠責保険になるわけですが、これだけだと自身のケガは補償されないのです。バイクでは自賠責保険の他に2つの任意保険に加入できますので紹介しておきます!

 

ファミリーバイク特約

この特約は、車の任意保険にオプションとして追加できるものになります。任意保険の補償をバイクにも適用させることができる保険になります。ただし、多くの特約はドライバーや同乗者のケガを補償していないことが多いため、他の保険にも加入する方が良いと思われます。そして排気量や年齢制限もあることが多く対象排気量以上のバイクでの事故は補償されません。知人からバイクを借りて事故を起こしてしまった場合も対象外になります。

 

バイク保険

車に比べバイクでの事故率は高いため保険料は若干高くなっています。この保険は、対人・対物賠償保険搭乗者傷害保険自損事故保険無保険車傷害保険など車の任意保険と同じ補償内容になっています。

 

バイクで加入できる各種保険は、自賠責保険(必ず加入)ファミリーバイク特約バイク保険となります。その中で自身への補償も含まれるものがバイク保険対人・対物賠償がファミリーバイク特約対人賠償が自賠責保険となります。

 

先ほども書きましたが、車に比べバイクでの事故はドライバーのケガが大きくなる可能性が高いです。自賠責保険だけでなく任意保険も併せて加入をおすすめします。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

https://relife-innovation.jimdo.com/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~22時 (交通事故治療は24時まで)

土曜日 12時~18時

休診日 日曜日

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199
時間外でのご連絡はこちらまで  080-9366-4766

最近のニュース~自動運転での事故でも自賠責保険は使えるの?~

2018.03.21 | Category: 交通事故対応事例,保険会社対応,加害者,自賠責保険,被害者,車対歩行者

自動運転での交通事故について

<狛江駅から1番近い整骨院><平日、夜24時まで診療>

狛江市交通事故治療センターフルケア鍼灸整骨院です。

 

先日、アメリカで自動運転を公道で検証中、交通事故で亡くなられてしまった方がいるという悲しいニュースがありましたね。今後、このような事故が起きないよう自動車の進歩を願うばかりです。

 

そのニュースに紐づいて、このような事故が起きた場合の保険制度や補償はどうなっているのか?という情報が流れていましたので、ご紹介しておきます。

 

そもそも車両等を運転する際には、自賠責保険という強制加入の保険に入ります。この自賠責保険が今回のような自動運転による事故でも補償対象になるのか?ということでした。

自動運転による交通事故が起きたとしても、運転者および被害者の方の最低限の救済と補償が含まれていますので、自賠責保険の対象になるそうです。冷静に考えれば当然ですよね。ただしシステムの欠陥による交通事故に関しては、自賠責保険ではなく保険会社がメーカに支払いを請求するそうです。どちらにせよ加害者も被害者も補償されるとのことです。問題は、不正アクセスによる自動運転トラブルがメーカーに責任があるのか、自賠責保険での補償対象になるのか、といった課題が残るそうですね。今後、自動車の発展と共に運転者と被害者の方が、いち早く安心でき補償を受けられるよう、責任の在りかがはっきりする制度が出来てくればと感じます。そして交通事故の発生件数が減る、ゼロになる未来が来れば良いですね。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

https://relife-innovation.jimdo.com/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~22時 (交通事故治療は24時まで)

土曜日 12時~18時

休診日 日曜日

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199
時間外でのご連絡はこちらまで  080-9366-4766

加害者になってしまったら・・・

2018.03.17 | Category: 交通事故対応事例,人身傷害,加害者,和泉多摩川,喜多見,物損事故,狛江,登戸

加害者になってしまったら・・・

<狛江駅から1番近い整骨院><夜24時まで診療>

狛江市交通事故治療センターフルケア鍼灸整骨院です。

 

ブログは被害者の方に合わせた内容が多いのですが、今回は加害者になってしまった場合のお話をしていきます。道路交通法では、事故直後の義務が定められていますので一緒に覚えておくと良いかもしれません!

 

そもそも交通事故を起こしたくて起こす人はいないと思います。

飲酒運転や居眠り運転はもっての他ですので、お酒を飲んだら運転しない、眠い時は停車して休むなどし未然に防ぎましょう。とは言え、視界が悪い、急に人が飛び出してきた、前方の車が急停車したなど防げない事態もあるかもしれません。その際、ご自分の体や車両と同様に相手の方も危険な状況になってしまいます。万が一の場合、命に関わってきます。そして2次災害を防ぐよう冷静な対処をしましょう。

 

加害者がとるべき4つの措置

道路交通法には、事故が起きたら事故車両の運転手または他の乗務員に4つの措置を義務づけています。

1.運転の停止

直ちに運転を停止しましょう。他の交通に影響が出る場合、邪魔にならないところに停めましょう。

2.負傷者の救護

応急救護を行いましょう。近くに人がいる場合は救急車を呼ぶよう頼む、応急救護ができる方がいれば声をかけるなど、周囲の方に助けを求めるのも大切です。

3.危険防止措置

2次災害を防ぐために、発煙筒をたく、道路上を片付けるなどしましょう。

4.警察へ通報

日時および場所、負傷者数と負傷程度、損壊の程度、車両等の積載物、講じた措置など正確に伝えましょう。

 

以上の4つが義務づけされています。この義務を怠ると、緊急措置義務違反や事故報告義務違反となり、懲罰の対象になりますので必ず行いましょう。

いつ誰が加害者になってしまうのか、被害者になってしまうのか分かりません。事故を起こさないことが1番ですので、無理な運転は避ける、危ないと思ったら遠ざかるなど防いでいきましょう。もし交通事故に遭われてしまったら当院までお問合せください。ケガの処置およびリハビリ、細かな事故対応などサポートさせていただきます。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

https://relife-innovation.jimdo.com/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~22時 (交通事故治療は24時まで)

土曜日 12時~18時

休診日 日曜日

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199
時間外でのご連絡はこちらまで  080-9366-4766



アクセス

所在地 〒201-0014 東京都狛江市東和泉1-19-7 細井ビル2F【1Fは牛角 狛江店】
電話番号 03-5761-5199