MENU TEL

基本過失割合の修正要素の例2~四輪車側の大きな過失~

2020.03.21 | Category: 交通事故,任意保険,未分類,狛江,自賠責保険,自転車対歩行者,自転車対自転車,車対歩行者,車対自転車,過失相殺

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から徒歩1分・夜22時まで診療>

 

基本過失割合はさまざまな理由によって割合が変更されます。

これを修正要素といい、これを加味した上で最終的な過失割合が決定します。

今回も修正要素にどういったものがあるのか一部紹介いたします。

 

四輪車側の大きな過失

歩行者と四輪車の事故の際、自動車側に「著しい過失」や「重過失」があった場合、大幅に過失割合が加算されます。

 

「著しい過失」は、運転の際通常考えられる限度を越えている過失を言います。

具体的には、わき見運転での前方不注意、携帯電話等での通話しながらの運転、酒気帯び運転、15km以上の速度超過、著しいハンドルやブレーキの操作ミスなどがあります。

 

「重過失」はそれより重篤で、故意に近いとされています。

具体的には酒酔い運転、居眠り運転、無免許運転、病気や薬物で正常な運転ができない状態、30km以上の速度超過、あおり運転などがあります。

 

「著しい過失」があった場合は10%、「重過失」があった場合は20%過失割合が加算されるとされています。

 

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

TEL:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9



アクセス

所在地 〒201-0014 東京都狛江市東和泉1-19-7 細井ビル2F【1Fは牛角 狛江店】
電話番号 03-5761-5199