MENU TEL

過失割合<歩行者編>

2018.04.27 | Category: 交通事故,交通事故対応事例,交通事故患者様の声,交通事故法律事務対応,和泉多摩川,喜多見,慰謝料,損害賠償金,狛江,登戸,調布,車対歩行者,過失相殺

過失割合<歩行者編>

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<狛江駅から1番近い整骨院・夜24時まで診療>

 

今回は、被害者が歩行者の場合においての過失割合や過失相殺をお伝えしていきます。

まず、信号機のある横断歩道を渡っていた際の交通事故に関してですが、歩行者の過失が車両を上回ることはありませんしかし歩行者が赤信号で横断した場合を除きます。つまり歩行者の渡るタイミング、車側の発進のタイミングにより過失割合が変わってきます。歩行者が青信号、車が赤信号の場合は歩行者の過失は0割です。歩行者が赤信号で横断し車は青信号だったとなれば歩行者の過失が7割程になると考えられます。

 

信号機のない横断歩道においては、歩行者が強く保護されますので基本的に過失割合は0割になります。ちなみに横断歩道から1~2mの場所も横断歩道に含まれますが、横断歩道直近(10~15m)、横断歩道付近(道幅により20~50m)では歩行者の過失が0割になることは少ないでしょう。

 

信号機も横断歩道もない交差点での交通事故においては、歩行者の過失が1割程度見込まれることも多いですが、歩道においては過失が0割になります歩道のない車道での交通事故は、歩行者が右側通行であれば0割左側だと多少の過失が加わる可能性があります

 

歩行者のケガ、特に車との接触は大きなケガとなることも多いので治療も長期に渡ります。その際に過失割合や過失相殺は治療費、慰謝料にも関わります。お困りの方、お悩みの方は当院までご連絡ください。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

https://relife-innovation.jimdo.com/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~24時

土曜日 12時~16時/18時~22時

祝日  12時~18時

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199
時間外でのご連絡はこちらまで  080-9366-4766



アクセス

所在地 〒201-0014 東京都狛江市東和泉1-19-7 細井ビル2F【1Fは牛角 狛江店】
電話番号 03-5761-5199