MENU TEL

加害者になってしまったら・・・

2018.03.17 | Category: 交通事故対応事例,人身傷害,加害者,和泉多摩川,喜多見,物損事故,狛江,登戸

加害者になってしまったら・・・

<狛江駅から1番近い整骨院><夜24時まで診療>

狛江市交通事故治療センターフルケア鍼灸整骨院です。

 

ブログは被害者の方に合わせた内容が多いのですが、今回は加害者になってしまった場合のお話をしていきます。道路交通法では、事故直後の義務が定められていますので一緒に覚えておくと良いかもしれません!

 

そもそも交通事故を起こしたくて起こす人はいないと思います。

飲酒運転や居眠り運転はもっての他ですので、お酒を飲んだら運転しない、眠い時は停車して休むなどし未然に防ぎましょう。とは言え、視界が悪い、急に人が飛び出してきた、前方の車が急停車したなど防げない事態もあるかもしれません。その際、ご自分の体や車両と同様に相手の方も危険な状況になってしまいます。万が一の場合、命に関わってきます。そして2次災害を防ぐよう冷静な対処をしましょう。

 

加害者がとるべき4つの措置

道路交通法には、事故が起きたら事故車両の運転手または他の乗務員に4つの措置を義務づけています。

1.運転の停止

直ちに運転を停止しましょう。他の交通に影響が出る場合、邪魔にならないところに停めましょう。

2.負傷者の救護

応急救護を行いましょう。近くに人がいる場合は救急車を呼ぶよう頼む、応急救護ができる方がいれば声をかけるなど、周囲の方に助けを求めるのも大切です。

3.危険防止措置

2次災害を防ぐために、発煙筒をたく、道路上を片付けるなどしましょう。

4.警察へ通報

日時および場所、負傷者数と負傷程度、損壊の程度、車両等の積載物、講じた措置など正確に伝えましょう。

 

以上の4つが義務づけされています。この義務を怠ると、緊急措置義務違反や事故報告義務違反となり、懲罰の対象になりますので必ず行いましょう。

いつ誰が加害者になってしまうのか、被害者になってしまうのか分かりません。事故を起こさないことが1番ですので、無理な運転は避ける、危ないと思ったら遠ざかるなど防いでいきましょう。もし交通事故に遭われてしまったら当院までお問合せください。ケガの処置およびリハビリ、細かな事故対応などサポートさせていただきます。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

https://relife-innovation.jimdo.com/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~22時 (交通事故治療は24時まで)

土曜日 12時~18時

休診日 日曜日

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199
時間外でのご連絡はこちらまで  080-9366-4766



アクセス

所在地 〒201-0014 東京都狛江市東和泉1-19-7 細井ビル2F【1Fは牛角 狛江店】
電話番号 03-5761-5199