MENU TEL

知っておきたい『むち打ち症』の種類!

2018.02.22 | Category: むちうち,めまい,交通事故患者様の声,交通事故治療方法,交通事故症状,和泉多摩川,喜多見,整形外科,狛江,病院,登戸,肩の痛み,脳脊髄液減少症,腰の痛み,診断書,調布,首の痛み

むち打ち症の種類

交通事故患者様で多い症状は『むち打ち症』になります。病院や整形外科でも診断される方が多く、交通事故に伴い起きやすい症状の代表例になります。そのため、患者様も詳しい知識を持っておけば、治療内容や効果を納得しながら通院できることと思います。

 

「頸椎捻挫型」

首の捻挫によって炎症を起こしたものです。首周囲の筋肉や靭帯が過度に伸ばされた状態です。症状が重い場合は、断裂してしまっていることもあります。一般的に、むち打ち症の中で最も多く、全体の70~80%を占めているといわれています。寝違えたような痛みが特徴です。

 

「根症状型」

首は、7つの骨が連なるように構成されています。その中の脊髄から隙間を通り神経が出ています。そこから肩や腕などの末梢神経へと伸びています。追突などの強い外力が働き、頸椎の並びに歪みが生じることで神経が圧迫され症状が現れます。上肢のシビレや痛みが特徴です。

 

「脊髄症状型」

脊髄損傷がこの症状です。脊髄そのものに傷がつき、その先にある神経が障害を受けます。首からは下肢まで関わる神経も伸びていますので、歩行障害が現れることもあります。むち打ち症の中でも、重症度が高いものになります。下肢のシビレ、知覚障害、歩行障害が特徴です。

 

「バレ・リュー症状型」

頸椎に沿って走っている交感神経を損傷し、頸動脈が収縮することで脳脊髄への血流が低下します。そのため、交感神経が過度に興奮してしまい、自律神経のバランスが崩れてしまいます。頭痛、特に後頭部痛が特徴です。

 

「脳脊髄液減少症」

髄液が漏れ出ることで起きる症状です。より強い外力や衝撃によるものです。頭痛、首の痛み、めまい、吐き気、倦怠感、腰痛、記憶障害、胃腸障害、頻尿、脱水症などが特徴です。様々な症状があるため、精神的なものや自律神経失調症などと診断されてしまうケースもあります。

 

ご自身で判断し我慢してしまうと、重篤な症状が現れてしまうこともあります。病院や整形外科がやっていない際、当院は夜24時まで開院していますので、お気軽にご相談ください。

 

【フルケア鍼灸整骨院】狛江駅から徒歩1分

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階(牛角さんの上、つぼ八さんの横、プルワリさんの前)

平日  12時~16時/18時~22時 (交通事故治療は24時まで)

土曜日 12時~18時

休診日 日曜日

TEL 03-5761-5199

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。
まずはお電話ください!!
狛江市交通事故治療センター

所属治療院 フルケア鍼灸整骨院  03-5761-5199
時間外でのご連絡はこちらまで  080-9366-4766

 



アクセス

所在地 〒201-0014 東京都狛江市東和泉1-19-7 細井ビル2F【1Fは牛角 狛江店】
電話番号 03-5761-5199