MENU TEL

追突事故による過失割合は存在する?

2017.06.09 | Category: 交通事故対応事例,交通事故法律事務対応,任意保険,保険会社対応,加害者,和泉多摩川,喜多見,未分類,狛江,登戸,自賠責保険,調布,車同士,過失相殺

今回は事故の中で最も多い追突事故について書きます。

「信号待ちや渋滞などで停車中に後方から追突」と言ったケースは、ぶつけてきた相手に過失がある事は間違いありません。

 

 

このようなもらい事故は基本的に「過失」は被害者に発生しません。

 

被害者の方が停車していれば10:0は間違いないと思ってください。

 

ただし、追突事故でも過失が発生する場合はあります。

それは「急ブレーキ」です。

 

 

後方の車が十分な距離を取っていったにも関わらず、それでも間に合わないくらいの急ブレーキでは追突された側にも責任はあるのです。

 

 

前方を走る車が不注意によって発生した事故は7:3の過失割合になるかもしれません。

 

細かい事故状況によっては9:1や8:2のように割合が微妙に修正される可能性もあります。

 

しかし「急に割り込んできた」「急ブレーキしてきた」というようにウソの証言をする加害者もいますので、過失割合が思ってもいない数字になる可能性もあります。

 

これからの時代、自己防衛のためにもドライブレコーダーは必須アイテムかもしれませんね!

 

 

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。

まずはお電話ください!!

狛江市交通事故治療センター

フルケアファミリー接骨院 03-4285-3046 平日10時~21時・土祝15時まで受付(日曜定休)

フルケア鍼灸整骨院    03-5761-5199 平日10時~20時・土日祝17時まで受付(不定休)

時間外でのご連絡はこちらまで 080-9366-4766



アクセス

所在地 〒201-0014 東京都狛江市東和泉1-19-7 細井ビル2F【1Fは牛角 狛江店】
電話番号 03-5761-5199