MENU TEL

消極損害とは??

2017.01.20 | Category: 交通事故法律事務対応,任意保険,保険会社対応,加害者,和泉多摩川,喜多見,後遺障害認定,慰謝料,損害賠償金,未分類,物損事故,狛江,登戸,自爆事故,自賠責保険,調布,車同士,車対歩行者,車対自転車

積極損害に続き消極損害とは一体何か。
消極損害とは事故に遭ったことにより失われてしまった将来の利益のことを言い、人身事故では休業損害後遺障害、または死亡による逸失利益があり、物損事故では休業損害のみを言います。
今回はそれらの損害額の計算の方法を箇条書きにしてみました!
どうぞ

●人身事故の場合
人身事故により被害者が死亡または後遺障害が残ってしまった場合、
死亡or症状固定と診断されるまでが休業損害
診断後が逸失利益とされています。

なお、損害を証明するためには医師の診断書被害者の収入を証明するものが必要となります。

・休業損害
給与所得者事故前3ヶ月間の収入÷90×休業日数
個人事業主事故前年の所得税確定申告所得÷365×休業日数
家事従事者賃金センサスの女子平均賃金1日分収入×休業日数

・後遺障害による逸失利益(労働能力の低下により収入が減少してしまった分の損害)
被害者の年収×労働能力喪失率×ライプニッツ係数or新ホプマン係数
※ライプニッツ・新ホプマン係数とは、将来の収入を保険金として一括で受け取るため、運用益を控除するのに用いる数字

・死亡による逸失利益(死亡した被害者が将来得られたであろう収入に対する損害)
被害者の年収×(1-生活費控除率)×ライプニッツ係数or新ホプマン係数

●物損事故の場合
物損事故の消極損害は休業損害のみです。

・休車損害
タクシーや運送車両などの営業車両が事故によって破損してしまい、これを修理買い替えるまでの間に見込まれる収入分の損失
利益の減少がみられない場合や代替車両を使用して損害回避ができた場合は認められない

・営業損害
店舗などが事故により破損して、営業できなかったことにより生じた損害
年間利益から1日当たりの利益を算出し、休業した日数をかけて損害額を割り出す。
破損した物件の種類修理期間営業規模営業内容なども加味される

このように損害と言ってもかなりの種類が存在するということが解りましたね。
上記の内容をご自分のケースに当てはめてお考えください!
これらの知識は何か起きた際にきっと役立ちます。

当センターは専用駐車場も1台分ございますのでご利用の前にお問い合わせください。

まずはお電話ください!!

狛江市交通事故治療センター

フルケアファミリー接骨院 03-4285-3046 平日10時~21時・土祝15時まで受付(日曜定休)

フルケア鍼灸整骨院    03-5761-5199 平日10時~20時・土日祝17時まで受付(不定休)

時間外でのご連絡はこちらまで 080-9366-4766



アクセス

所在地 〒201-0014 東京都狛江市東和泉1-19-7 細井ビル2F【1Fは牛角 狛江店】
電話番号 03-5761-5199