MENU TEL

Blog記事一覧 > むちうち,交通事故症状,和泉多摩川,喜多見,狛江 > 交通事故後の痛みは温めるのか冷やすのか?

交通事故後の痛みは温めるのか冷やすのか?

2016.10.23 | Category: むちうち,交通事故症状,和泉多摩川,喜多見,狛江

狛江市交通事故治療センターでございます。

前回交通事故によって起こった痛みはどのくらいで良くなるのかついて書きました

今回はその痛みは温めるのか冷やすのかについてです。

簡潔に記すと

急性は冷やす。
慢性は温める。

に分けられます。

痛みには急性的なものと慢性的なものに分けられます。
急性と慢性は一番わかり判断としては時間経過で分けられます。

急性は痛める原因のことがあった瞬間から72時間(約3日間)
慢性はそれを過ぎたら慢性とされていますが、
おそらくそれも個人差があります。
この急性慢性の分け方を参考にして自分がやっみて心地よい方が体には合ってると思われます。

しかし急性は炎症の反応が強く分かりやすく疼痛・熱感・腫れ・発赤などがある場合なのですが
交通事故による急性的なものは非常にわかりにくい場合が多いです。
むち打ちなどの首の捻挫の場合はよく病院や治療院の先生の診察の判断を仰いでください。

まずはお電話ください!!

狛江市交通事故治療センター

フルケアファミリー接骨院 03-4285-3046 平日10時~21時・土祝15時まで受付(日曜定休)

フルケア鍼灸整骨院    03-5761-5199 平日10時~20時・土日祝17時まで受付(不定休)

時間外でのご連絡はこちらまで 080-9366-4766 



アクセス

所在地 〒201-0014 東京都狛江市東和泉1-19-7 細井ビル2F【1Fは牛角 狛江店】
電話番号 03-5761-5199