MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故法律事務対応,車対歩行者 > 交通事故の過失割合について その①

交通事故の過失割合について その①

2016.10.21 | Category: 交通事故法律事務対応,車対歩行者

狛江市交通事故治療センターでございます。

前回まで過去三回は人身事故証明書に関するいろいろを書きました。

今回は交通事故の思わぬ落とし穴の過失割合例について書いていきます

交通事故の過失割合とは発生した交通事故に対する責任の割合のことです。
一方が停車している状態での追突などは基本的に追突した側の10割責任です。
また交通弱者の順序があり、優先順が決まっております。

歩行者 < 自転車 < 自動二輪車 < 自動四輪車

このような順番で並べられます。
つまりは歩行者が車にぶつかった場合基本的に車が全部悪いです。
ただこれは歩行者が優先な歩道や横断歩道で起きた場合です。

そうなんです。
歩行者の過失割合が上がる場合があります。

横断歩道のない道や車道に歩行者が侵入して事故が起きた場合、過失割合が発生1割ほど発生するケースがあり、
歩行者の信号無視や横断禁止道路の横断中、路上で寝てるなど、明らかな過失がある場合、過失割合は五分五分以上になることも。

たまに歩行者だからと高をくくっている方がいますが思わぬ落とし穴にご注意を。

次回も交通事故の思わぬ落とし穴の過失割合例についておおくりいたします。

狛江市交通事故治療センター

フルケアファミリー接骨院 03-4285-3046 平日10時~21時・土祝15時まで受付(日曜定休)

フルケア鍼灸整骨院    03-5761-5199 平日10時~20時・土日祝17時まで受付(不定休)

時間外でのご連絡はこちらまで 080-9366-4766 



アクセス

所在地 〒201-0014 東京都狛江市東和泉1-19-7 細井ビル2F【1Fは牛角 狛江店】
電話番号 03-5761-5199