MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故法律事務対応 > 人身事故証明書の発行について その③

人身事故証明書の発行について その③

2016.10.21 | Category: 交通事故法律事務対応

狛江市交通事故治療センターでございます。

前回は人身事故証明書の発行について
人身交通事故証明書を遅れて取得する方法を書きました。

今回は物損事故でも人身事故の補償をしてもらうにはという内容でお送りいたします。

先に人身事故の手続きを事故が起きたら人身事故にした方がいいと書きました。
だがもし警察からいざ事故証明書が発行されてみてみたらなぜか物損事故になっていた。
そんなケースがあった場合についてご説明いたします。

その場合、警察に病院の診断書などを持っていき事故時に担当していた警察官に再捜査をお願いする必要があります。
これはもう一度被害者と加害者の立ち合いのもと実況見分をする必要があり手間と時間がかかるので
警察側も渋る傾向がありますし、加害者側がそれに応じない場合があります。
そうすると人身事故の切り替えができないので人身事故証明入手不能証明書が必要になります。
ただこの場合、加害者側の保険会社としてはそれは本当に事故による障害じゃないのではと言われる可能性があります。
なのでしっかりと診断書に事故との因果関係を担当医に記入していただく必要があります。
また後々後遺症が残った場合も物損事故の証明だから症状も軽いのではと、
後遺障害申請が棄却される可能性が高くなります。

警察の方からは物損事故と人身事故の違いは、
加害者が罰せられるかされないかの違いしか教えてくれない可能性があります。
交通事故に遭遇したら必ず病院に行き人身事故にするようおすすめいたします。

次回は交通事故の思わぬ落とし穴の過失割合例についておおくりいたします。

狛江市交通事故治療センター

フルケアファミリー接骨院 03-4285-3046 平日10時~21時・土祝15時まで受付(日曜定休)

フルケア鍼灸整骨院    03-5761-5199 平日10時~20時・土日祝17時まで受付(不定休))

時間外でのご連絡はこちらまで 080-9366-4766 



アクセス

所在地 〒201-0014 東京都狛江市東和泉1-19-7 細井ビル2F【1Fは牛角 狛江店】
電話番号 03-5761-5199