MENU TEL

打撲が長引く場合

2020.10.26 | Category: シビレ,交通事故症状,未分類,狛江

打撲が長引く場合

狛江市交通事故治療センター所属院、フルケア鍼灸整骨院です。

<小田急線狛江駅から徒歩2分・夜22時まで診療>

 

交通事故の怪我で多いものに打撲があります。どこかを打ち付けた場合に腫れや熱感など症状が出始め、その後内出血が起こり軽い場合は数日から1週間程度で消えます。しかし、意外に長引くこともあり自己判断では危険です。

長引く場合の極端なものは骨折を伴っている場合です。骨折でも打撲と似たような痛みや腫れを伴うことがあるので、レントゲンなどで確認することが必要です。

関節に近いところを打撲した場合は運動制限が起こることがあります。このような場合も治りが遅いことが多いです。

大きなダメージを受けた場合、皮下組織や筋肉だけでなく大きな血管や神経、けんなどを損傷して皮下に血腫が出来たり、しびれが生じたりすることもあります。また、胸部や腹部の打撲がひどい場合は内臓への影響にも注意が必要です。

皮下血腫が大きくなり、組織内の圧力が上昇すると、血流が阻害されて周辺組織が壊死するコンパートメント症候群を発症することもあります。

受傷直後の応急処置としてはRICEが有名です。安静(REST)冷却(ICING)圧迫(COMPRESSION)拳上(ELEVATION)の頭文字を取ってRICE処置と呼ばれています。適切な応急処置の後、病院で専門医に診てもらうことが早い回復のために大切です。

 

【フルケア鍼灸整骨院】

狛江駅から徒歩2分 https://fullcare-lp.jp/

東京都狛江市東和泉1-19-7細井ビル2階

平日  12時~16時/18時~22時

土曜日 12時~22時

日曜日 休診

祝日  12時~18時

電話:03-5761-5199

インターネット予約https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g1g6p9



アクセス

所在地 〒201-0014 東京都狛江市東和泉1-19-7 細井ビル2F【1Fは牛角 狛江店】
電話番号 03-5761-5199